セフレが恋人になる可能性はあるか?

出会い系サイトを切っ掛けに交流し、結婚する男女が増えています。また、昨今は婚活サイト代わりに利用する人もおり、結婚をゴールに定め活動している人も少なくありません。

しかし、エッチ目的のセフレ同士が恋人になり結婚するケースは稀です。そこには、セフレならではの事情が存在します。

第一に、セフレはエッチのみを目的としたシンプルな男女関係です。そのため人は、性格・金銭感覚・価値観を考慮せず、肉体の相性だけで相手を選びます。つまるところ将来性のある関係ではなく、恋人になった途端に破綻するカップルが殆どを占めます。

第二に、セフレには既婚者も多いことです。事実上、不倫という形で交流しているカップルも珍しい存在ではありません。しかし相手と添い遂げる気は一切なく、目的はエッチのみです。恋人になる理由がなければ、私生活を捨ててまで添い遂げる気も持ちません。

第三に、セフレを希望する人の中には、恋愛感情を嫌悪する人も多いことです。恋愛を煩わしく思っている相手を恋人にするのは、非現実的であり将来性もありません。

将来的には恋人に、そして結婚を・・・と思い描くのであれば、始めから素直に恋人を探しましょう。セフレはあくまでもセフレであり、それ以上の存在には成り得ません。無用なトラブルを招くこともあるので、安易な行動にはくれぐれもご注意ください。

口コミの鵜呑みは危険

出会い系サイトやセフレサイトを活用する際は、そこが悪質サイトか否か見極めることが大切です。会員登録をした後に気付くようでは、いけません。メールアドレス一つといえど、悪徳業者に渡ると後々面倒事に発展しかねないためです。

悪質サイトには、ひとつの傾向があります。サービス内容・サイトデザインなど、構成要素の多くが男性向けであることです。何故なら、悪徳業者の定めるターゲットは、性欲に突き動かされ行動する男性であり、女性ではありません。

そのため、悪質サイトか否か見極めることは簡単です。女性の目線を持ち『(女性は)このサイトへの会員登録を検討するだろうか?』『利用するだろうか?』と観察してみましょう。つまるところ、女性が嫌悪する要素を含む男性向けサイト=悪質サイトというわけです。

口コミやランキング情報を参考にする場合は、複数の情報源を用意して、情報の照らし合わせを行って下さい。悪徳業者が、自ら運営する悪質サイトを高評価として公開し、罠を張っていることも少なくない為です。

余談ですが、出会い系サイトやセフレサイトが公表している『会員数』はそれほど当てにならず、会員数が多い=出会い易いとは限りません。現在までの会員“総数”は何百万人であっても、実際に利用しているのは数百人程度・・・ということも、実は珍しくないのです。

友人・知人はセフレに不向き

世の中には、友人・知人とセフレ関係を持つ人もいます。また、元・彼女や元・彼氏をセフレに選ぶ人も多いです。しかし、こうした身近な人間との関係はおすすめできません。手軽さと引き換えに、様々な危険が生じるためです。

仮に、身近な人間とセフレ関係を持ち、それが拗れたとしましょう。あなたはこの件を口外にしなくても、相手がそうであるとは限りません。口外にする・・・それも、あなたに原因があるように言い回るようなことがあったら、どうなるでしょうか。

話の真偽を確認しないまま鵜呑みにした人間が、あなたを批難するかもしれません。共通の友人・知人から、絶縁されるかもしれません。もしも、これが職場での出来事だったら、どうなるでしょうか。一度失った信用は戻りません。それは、私生活・職場とも同じです。

さらに、一方もしくは両者が既婚の場合は、問題が家庭にも飛び火します。セフレが原因で離婚・・・という、最悪の結末も有り得なくはないのです。

しかし、出会い系サイトやセフレサイトで知り合った“完全なる第三者”であれば、この危険は殆どありません。個人情報を渡さない限り、匿名での交流が可能のためです。

出会い系サイトやセフレサイトの利用は、確かに手間が掛かります。しかし、こうした事態に対する保険だと思えば、それほど重荷には感じないはずです。セフレづくりを検討している人は、今一度じっくりご検討下さい。

成功率に有料・無料は関係なし

有料と無料、どちらのコンテンツのほうが出会い易いということはありません。出会い系サイトであれ、セフレサイトであれ、利用するのであれば『出会えないこともある』と覚悟して臨みましょう。

有料コンテンツを利用する際は、悪徳業者やサクラに対して尚のこと警戒が必要とされます。特に警戒が求められるのは、ポイント制のコンテンツです。

ポイント制のコンテンツは、事前に有料ポイントを購入し、それを消費するかたちで利用します。1ポイント辺りの単価は運営会社ごとに異なりますが、概ね10円前後です。

しかし、塵も積もれば山になります。悪徳業者とサクラは、この点を巧みに利用して会員から金銭を搾取します。

手口は単純で、いやらしい・その気があるようなメールを送り、送受信の度にポイントを消費させるというものです。もし、熱いメールをやり取りしているにも関わらず、一向に会えない相手がいるなら、一度サクラを疑ったほうが賢明かもしれません。

サクラからのメールは、いずれも男心を刺激する“貰って嬉しいもの”です。しかし本物の女性会員からの届くメールは、必ずしもそうとは限りません。現実的なことが綴られ、気分を損ねることもあるでしょう。しかし、出会いはその先に待っています。甘いばかりのメールに惑わされず、現実を直視することが出会い獲得の必須条件です。

時代は恋人よりもセフレかもしれない

結婚を前提に交際していた彼女に振られたのが、半年前。大恋愛だったはずなのに、破局ってあっという間ですね・・・。それ以来、僕は彼女をつくることなく寂しく生活していました。

でも、寂しさより、新しい彼女をつくったり、その関係を維持する面倒臭さが勝ったんですね。どれだけ尽くしても、貢いでも、気分次第で簡単にこちらを切り捨てる。つまるところ、奉仕活動に嫌気が差したわけです。

それに、現代はセックスフレンド(通称セフレ)と呼ばれる便利な男女関係に抵抗を持ちません。性欲を解消したいだけであれば、わざわざ面倒臭い彼女をつくる必要はありません。出会い系サイトやセフレサイトで相手を募り、したいことだけを楽しむ・・・これで十分ではありませんか。

もちろん、結婚だ家庭だの将来性のある関係を得たい場合は、恋人以外に選択肢はありません。でも・・・僕は当分、欲しくないですね。いまの気ままな生活が気に入っているので。

セックスフレンドは、本当に便利ですよ。私生活に干渉してこないし、高いプレゼントをねだってくることもないし。自宅でアダルト動画を楽しむ・・・というのも、いいんですけどね。僕としては、やっぱり人肌に直接触れたいのです。

なお出会い系サイトやセフレサイトを利用する際は、悪徳業者に注意してくださいね。僕も、はじめは見事サクラに引っかかりました・・・。