頭ではセフレであることを意識していても

セフレとそれなりに長く付き合っていると、恋人と合うような気持ちになることも多いです。
もちろん、決して今の関係を超えないように、頭ではそのことを理解しているつもりで、心の中では感情を抱いたり好きな気持ちを持ってしまうケースもあるわけです。
たとえ割り切った関係であっても、人間同士の付き合いである以上は、そう思ってしまうのも無理はないのです。
むしろ、100%体だけの付き合いを貫くという方が難しいのです。
ただ、そういった気持ちを持ってしまっても、決して一線を超えてはいけないことも事実です。
特に、自分や相手に恋人や婚約者がいたりすれば、絶対に恋愛関係になってはいけないわけですから、しっかりと感情を抑えないといけないのです。
それが難しいのであれば、手遅れになる前にセフレとは別れるべきでしょう。
完全に好きな気持ちを持ってしまうと、もう後には引けなくなってしまうのです。
自分だけでなく相手も不幸にしてしまう可能性があるので、そうなる前に手を打つべきなのです。

なぜセフレの人数に差が出るのか

同じセフレ希望者でも、1人作るだけで精一杯という人もいれば、いとも簡単に何人も作る人もいたりします。
では、なぜこれだけの差が出てしまうのでしょうか。
もちろん、セックスの上手さであったり、会話のテクニックにも多少は左右されると思います。
しかし、それだけで大きな差が出ることはないでしょうし、それ以上に大きな要素があるのです。
セフレをたくさん作れている人は、そのための努力を欠かさないようにしているのです。
例えば、出会い系サイトを利用する時でも、プロフィールをしっかりと作成して、ちょっとした空き時間も有効活用してメールを送ったりするのです。
また、メールの内容もありきたりなものではなく、相手のプロフィールをしっかりと読んで、それに合ったメールを送っているのです。
それによって相手も興味を持つ可能性が高くなり、結果としてセフレに繋がりやすくなるわけです。
逆に言えば、思うようにセフレを作れていない人は、そのあたりの努力が足りていない可能性が高いのです。